住宅づくり等の実績
SDA奈良教会
業務種別
特殊建築の設計・監理
所在地
奈良市平松
構造・階数
木造2階建て
延床面積
206.52平米
間取り
3LDK
【コンセプト・こだわり】
 SDAはセブンスデーアドベンチスト教団の略称である。アドベンチスト教会の名称が採用され、米国で宗教団体として正式に組織されたのは1863年のことであった。アドベンチスト教会は、19世紀中頃に米国で起こったウィリアム・ミラ ーを中心とする再臨運動に源を発している。
 当初数十人の集まりでしかなかったアドベンチ スト教会は、その後世界中に広がり、日本におけ る正式な活動は、1896年、ヒルズバーグ大学 の学長を辞し来日したグレンジャー教授によって 開始された。現在では209の国々で活動してお り、信徒数1千万人を越えている。
 これは、同教団が所有する老朽化した奈良教会の改築プロジェクトである。
 「次の世代にこの教会を伝承したい」という思いをコンセプトにスタートしたプロジェクト。紆余曲折 があって、たどり着いた答えは「人」であった。
 そこで漢字の「人」をモチーフに造形操作 が始まった。東西2つの直方体で構成されるこの建物は、文字通り西側の直方体が東側の直方体に 寄りかかり、東の直方体がそれを支える形をしている。
 構造は一見鉄筋コンクリート造にみえるが、 純然たる木造の在来工法である。また外断熱工法 を採用し耐久性を高めている。

 次代を担う若い人たちが、これを見て、先ず教会堂ありきではなく、「人」が備わっての教会なのだということを、思い起こしてくれれば幸いである。
【施主からの要望】
 次世代に継承できる教会とすること。
 牧師家族のための住居を併設すること。
 維持管理コストがあまりかからないようにすること。
【プラン確定までに苦労した点・問題点・課題】
 敷地形状が菱形で無駄な空地が出来やすいが、可能な限り敷地のロスをすくなくする。
 車で礼拝に参加する教会員のために駐車スペースを敷地内にできるだけ確保すること。
【着工後に苦労した点・問題点・課題】
 敷地が元々ため池であったところを埋め立てた土地なので、地盤があまり良くないことは設計の段階で想定していたが、想定以上に不安定な地盤だったので地盤補強工事に最新の注意を払う必要があった。
【打合せや基本プランの作成に要した期間】
 12ヶ月
【実施設計に要した期間】
 6ヶ月
【着工から完成までに要した期間】
 10ヶ月
【その他】
 教会は奈良西の京の北西に建っています。薬師寺、唐招提寺へ来られた時は是非お立ち寄り下さい。
教会
教会
教会
教会内部

戻る