設計事務所の業務のご案内
奈良市を拠点とする一級建築士との住宅づくりをしませんか。
奈良・大阪・京都を主に対象エリアとしています。
設計監理という業務は、下記のように「基本設計」「実施設計」「工事監理」の大きく3つにわけることができます。
設計監理(住宅づくり)の流れ
住宅の基本設計
 敷地の規模や性格、法制、予算などの制約のなかで、依頼者の意図や要望をどう実現するか、そのアイデアを出し、建築計画の概要をかためるものです。したがって、意図やご要望をよくうかがい、読み解いて客観化するとともに、敷地や周辺の状況を調査し、法制や管轄官公庁等の方針、同種の事例などを調べます。
 協議検討しながら、事態を解く鍵となるアイデアを導き、周囲によく調和し、かつ案件への固有性の高い解答を出そうとします。また、予算などに見合いそうな構法や設備方式、あるいは税制や採算性などへの着眼も鍵となることがしばしばあります。
 このようなケースでは、それぞれの専門家と協議し、ご報告しながら解答にいたります。こうして導かれた基本計画は、ある程度以上の確度をもつ計画全体への見通しです。文書によって「計画概要」「工費概要」「スケジュール概要」そして図面による、「計画案」を提出して、この段階を終了します。
 また、この提出物にのっとり、別の機関が実施設計などに移ることも、さまたげるものではありません。基本計画の終了に際しては、基本計画費を請求させていただきます。
設計業務
続いて、実施設計

戻る